ススムのblog

元引きこもり。高認から大学に入学・卒業、就職。七転八起の人生。健康や恋愛に関しての記事が多めです。発達障害/恋愛/心理学/健康/歴史/映画/読書/スポーツ

高校中退から高認に受かるには?大学受験のためのステップ!

f:id:kentakant:20181020151931j:image

こんにちは、ススムです。

 

わたしには、高校を入学式しか行かずに辞めて、しばらく引きこもったあと、大学を受験、入学したという過去があります。

 

そこで、高校中退後、大学に入るまでのプロセスとノウハウを紹介したいと思います。

 

高等学校卒業程度認定試験(以下、高認)に合格する

 

 

1.高認とは

高校中退ということは、学歴が中学校卒になりますので、このままでは大学を受験できません。

 

日本の大学(短大、専門学校)は、高校卒または高校卒業程度の学力を持っていると認められる者にしか、受験資格が与えられないからです。

 

そこで、高校中退したけれど、どうしても大学へ行きたい人はまず後者を目指す必要があります。

 

高認を受験し、合格するという第一関門です。

 

文科省のホームページを見ていくと、マークシート方式で、毎年8月と11月の年二回行われることがわかります。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定):文部科学省

 

中段「試験科目・合格要件・出題範囲」を見ると、試験科目は6教科9科目。1回の受験で全ての科目に合格する必要はありませんが、最終的には9科目全てに合格する必要があります。

 

ポイントは、数学や理科が必修で、数学は1科目、理科は少なくても2科目の合格が課せられていることです。

 

文系人間や、不登校で中学校の授業にまともに出ていなかった人にとっては、理系科目を一から勉強するのはかなり高いハードルですよね。

 

2.高認の難易度は?

しかし、高認は受験者をふるい落すのが目的の試験ではありません。高校中退者の救済措置的な性格を持っているのです。

 

要は、難易度がべらぼうに低いのです!(こんなことを言っては文科省に怒られるかな?)

 

高校卒業程度と銘打ってはいますが、試験問題は高校一年生レベルでも解けるレベルです。

 

また、100点満点中60点程度取れれば合格で、科目によっては40点程度でも合格できるものもあります。

 

国立大学や難関私立大学の、センター試験を8割やら9割やらでやっと合格、という世界と比べると、試験内容も合格基準も非常に甘いですよね。

 

3.試験対策は何をしたらいいの?

高認の試験対策としては、過去問を解くくらいでいいと思います。

分からないところがあったら、ググるか高校の教科書を見直しましょう。

ちなみに過去問とその回答は文科省のホームページで公開されています。

高等学校卒業程度認定試験問題 過去実施問題:文部科学省

 

私は、17歳の時に数学以外の8科目に合格し、18歳の歳に数学を合格し、最終合格となりました。

 

国語や英語などは楽勝でしたが、数学はやはり私にとっては難関で、2回目も半分解けたか解けなかったかくらいのギリギリでの合格(笑)難関といっても、二次関数のグラフを選ぶ問題レベルなんですが。

 

このように、高認に合格して、大学受験の資格を得る、という流れになります。

 

いよいよ、一般の大学受験生と同じスタートラインに立ちました。続きは長くなりそうなので別記事で紹介します。

 

【ポイント】

・高校中退者が大学受験するためには、高認の合格が必要!

高認は難しくない!マークシート式で、6割から4割解ければ良い。

・試験対策は、過去問や教科書でオーケー